Blog

ブログ

ミストコレクターで蒸気は捕集できるの?問題が起きる原因と対策を紹介

工作機械を稼働させていると、どうしても製造工程の中で粉塵やオイルミストなどが発生してしまいます。

そのため、ミストコレクターを設置することで、これらの副産物を吸引・除去し、換気扇や製造用機械の故障を防ぐことが必要です。

しかし、ミストコレクターで蒸気のような粒子の細かい気体を捕集することは、可能なのでしょうか?

この記事では、ミストコレクターが蒸気を捕集できるのか、蒸気に関する問題が起きる原因と対策について解説します。

ミストコレクターでは蒸気を除去できる?

ミストコレクターは、蒸気やニオイなどの気体の捕集は得意ではありません。

そもそも、ミストコレクターは、工場内で金属部品を切削加工する際に切削油を使用することで発生する「オイルミスト」を吸引・除去するための機器です。

オイルミストは、工作機械で切削時に使用される潤滑油が、機械の稼働によって飛散されることにより生じ、微粒子化して空気中に浮遊した霧状の油のことを指します。

ミストコレクターはこれらを吸引・除去し、清浄化した空気を排気します。こうすることで、従業員を健康被害から守り、工作機械や制御機器の劣化を防ぐのです。

そのため、ミストコレクターだけで蒸気などの気体を捕りきることはできません。

ただし、対策を施せば捕捉効率を改善することは可能です。

蒸気は、単純な水蒸気から、油分を含む油蒸気まで様々あります。

温水洗浄機などにミストコレクターを使用する場合、高温水蒸気(水の分子レベル)がフィルター等の捕集ユニットを通過し外気にて冷却されて再結露し、十分な捕捉が出来ない場合があります。

その場合、二次空気を取り込むことにより、強制的に結露させることで捕捉効率を改善することが可能です。

上記図は取付の一例です。

上記取付例のように洗浄機とミストコレクターの配管部にT型分岐管を設置し、外気の吸入量を調整できるように手動ダンパーを取付け、できるだけ多くの外気を取り入れます。

<捕捉効率を上げるポイント>

1.外気の比率が多いほど効果が高い。
2.ミストコレクターまでの配管は⻑いほど効果が高い。
3.放熱効果の高い配管材料(アルミ製フレキ等)ほど効果が高い。
4.二次空気取込口は上向きに設置すること。
5.停止時に配管内の結露ドレンが外部に出ないようにする。

このような対策を行うことで、ミストコレクターで蒸気の捕捉効率を改善することができます。

蒸気を吸引することで起こりうる問題とは?

工場内で発生した蒸気をミストコレクターが吸入することで、以下のような問題が起こりえます。

  1. 蒸気が原因でモーターが錆びて故障する
  2. 高温の水蒸気を吸入しすぎて故障する

ミストコレクターの調子が悪い、もしくは原因不明の故障で困っている方は、以下のケースに当てはまるかどうか比較してみてください。

問題1.蒸気が原因でモーターが錆びて故障する

ミストコレクターで蒸気を日常的に吸引していると、蒸気がモーター内部に入り込みます。

その結果、モーターに過剰な負荷がかかってしまい、モーター内部の回転が悪くなり、最終的にはモーターが焼損し、動かなくなってしまうこともあるのです。

弊社のミストコレクターは、モーター内部に蒸気が進入しないよう様々な工夫が施されています。

「オニカゼ ヘビースモーカー(HVS)」は、羽根車の裏側に別の羽根を装備しており、外気をミストコレクター内に吸入させることにより、ミストコレクター内部の気体、ミストをモーター側に進入しないようにしています。

また、「オニカゼ スマートミストマジック(SMG)」は、モーターの軸貫通部にオイルシールを装備しているので、モーター内部にミストコレクター内部のミスト等を進入しないようにしています。

問題2.高温の蒸気を吸入しすぎて故障する

ミストコレクターには、処理できる「吸入可能温度」というものがあります。ミストコレクターが、この吸入可能温度を超えた温度の水蒸気を吸入し続けると、故障しやすくなってしまうのです。

ちなみに、この吸入可能温度は商品によって異なりますが、最高でも75℃がミストコレクターの吸入可能温度であることが多いと言われています。

そのため、高温のままで未処理の蒸気をミストコレクターが吸入し続けることで、故障してしまうのです。

ミストコレクターで高温の蒸気を吸引する場合は、先ほどのように二次空気を吸わせる等の冷却を行い、「吸入可能温度」まで下げる必要があります。

ミストコレクターで蒸気を吸入する際の基準

ミストコレクターを選ぶ時の基準は、以下の通りです。

  • 洗浄温度
  • 洗浄液のPH
  • 洗浄機の加工室容積
  • 洗浄ワークに付着している液体

工場で使用している機械の洗浄温度が高い場合は、吸入可能温度が高いミストコレクターを選ぶ必要があります。

もしくは、蒸気の温度を下げる対策を施していきましょう。

工場内で洗浄液を使用している場合は、洗浄液のPHによって発生する蒸気が酸性かアルカリ性かがわかります。

洗浄液のPHを確認して、耐性がある素材や作りのミストコレクターを選ぶ必要があります。

また、加工室の容積の大きさも、ミストコレクターを決定する上で重要な基準となりますので、しっかり考慮しましょう。

ちなみに、工場の洗浄機械に有機溶剤や石油系の液体が使用されている場合は、ミストコレクターに、引火してしまう危険性があるので注意が必要です。

まとめ:ミストコレクターで従業員と周りに優しい職場環境作りを始めよう!

ミストコレクターは、金属部品を切削加工する際に切削油を使用することで発生するオイルミストを吸引・除去するための機器です。

洗浄機などで発生する蒸気を吸引する場合は、ミストコレクターの内部のモーターが故障する可能性があります。

二次空気を取り入れるなどの対策をしっかり行い、作業環境の改善に努めましょう。

赤松電機製作所では、ミストコレクターを導入するにあたり、「実際に導入することで、どのくらいキレイになるのか知りたい」「ホームページを見ただけでは良さが実感できない」という担当の方に向けて、デモ機の貸出を行っております。

デモ機のメリットとして、どれくらいの性能なのか、どれくらい音がするのか、その他サイズ感などを実際に現場で、デモ体験をしていただけることが挙げられます。

また、ご不安な点・ご不明な点があれば、申込み前にお気軽にお尋ねください。

気になられた担当の方は、以下のページをご参照の上、お申込みください。

>>ミストコレクターのデモ機をレンタルしてみる