Blog

ブログ

ミストコレクターにおけるフィルター式の特徴や使用事例を解説!

「ミストコレクターにおけるフィルター式って?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

フィルター式のミストコレクターを導入しようとしても、特徴や使用事例について知らないと、導入できませんよね。

そこで本記事では、フィルター式のミストコレクターについて解説していきます。

また、フィルター式以外のミストコレクターについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ミストコレクターにおけるフィルター式の特徴

ミストコレクターは、工作機械による切削油を使用した金属加工時に発生する「オイルミスト」を吸引・除去するための機器です。

その中でも、フィルター式のミストコレクターは最も一般的な方式で、細い繊維を織り込んだり、溶着したりして立体的に構成したフィルターで粒子をろ過・捕集する方式です。

フィルター式は、構造がシンプルで専門的な知識が無くても容易に使えます。

また、電気式と比較して安全性が高く、現場で管理しやすいのもポイントです。

一方で、オイルミスト中に粉塵成分が多いと目詰まりしやすいといった課題もあります。

弊社製品「オニカゼ ヘビースモーカー(HVS)」はフィルター式のミストコレクターです。

0.3ミクロン以上の微細粒子を99.93%捕集する業界最高クラスの独自フィルターで油煙レベルまで対応。

さらに、ONIKAZE独自の捕集構造を採用し、段階的に捕集することでフィルター式の課題である目詰まりのしやすさを軽減。

メンテナンス周期を長期化し、作業者の負担も軽減します。

フィルター式のミストコレクターで対策できる「オイルミスト」とは

「オイルミスト」とは、工作機械に使用される潤滑油が、機械の稼働によって飛散されることにより生じ、微粒子化して空気中に浮遊している油のことを指します。

また、潤滑油が高いせん断を受ける高圧給油加工・高速切削・研削加工において多量に発生することが多いです。

オイルミストを発生したまま放置しておくことで、人体や作業環境・地球環境などに悪影響を及ぼしてしまいます。

例えば、人体だと肌荒れや呼吸器系の疾患、作業環境であればオイルミストの油分が床に付着したことで起こる転倒・滑落などの労働災害など。

さらに、大気汚染などの地球環境にも悪影響を及ぼすため、オイルミストはミストコレクターでしっかりと吸引・除去するようにしましょう。

フィルター式以外のミストコレクターは2種類

ミストコレクターには、フィルター式以外にも2種類の方式があります。

  1. フィルターレス式
  2. 電気集塵式

上記の2種類とも、フィルター式とは違う特徴を持っているため、使用している工作機械や作業環境によってフィルター式より適している場合もあります。

そのため、次の章から解説する2種類の特徴をしっかりと理解して、あなたの会社に合ったミストコレクターを選んでみてください。

フィルター式以外のミストコレクター1.フィルターレス式

フィルターレス式は、フィルターに代わる捕集ユニットでオイルミストを捕集する方式です。

フィルターレス式の1つである遠心分離式は、オイルミストの油分を遠心力を使って分離させます。

また、ディスク式は、内部にあるディスクを高速回転させることにより、オイルミストを弾き飛ばします。

フィルターレス式のメリットとして、主要な捕集部にフィルターを使用しないので、フィルター洗浄や交換の手間が軽減されることや、産業廃棄物が少ないことが挙げられます。

また、メンテナンス性も良く、フィルター式に比べ、軽量・コンパクトであるため工作機械の上部に設置できるタイプでもあります。

ただし、1μm以下の微細なオイルミスト(サブミクロン粒子)は捕集が難しいというデメリットがあります。

弊社製品「オニカゼ スマートミストマジック(SMG-R)」はフィルターレス式のミストコレクターです。

遠心分離により、ミスト・切粉・スラッジを内部に溜めず、⻑期稼働が可能で、⾯倒なドレン配管も不要です。

さらに、従来と同じ性能で1サイズ小型のモーターを採用することにより、消費電力を約50%削減でき、省エネに貢献します。

また、本体では捕りきれないオイルミスト及び、現状よりさらなる捕集性能をお求めのお客様に向けて、アフターフィルターをご用意しております。

アフターフィルターの捕集性能は0.3μ以上の粒子・ミストを約99.93%捕集できます。

フィルター式以外のミストコレクター2.電気集塵式

電気集塵機は、オイルミスト粒子に電荷を与え、集塵局に引き寄せることでダストを捕集する方式です。

高い捕集効率があるため、1μm以下の微細なオイルミスト粒子も捕集可能です。

ただし、高電圧を使用するため漏電や火災の危険が伴います。

取り扱いや設置場所には十分な注意が必要です。

また、他の方式と比べると本体価格が高価で、電極洗浄のメンテナンス費用が高額になってしまいます。

まとめ:フィルター式のミストコレクターは構造がシンプルで容易に使える!

今回は、フィルター式のミストコレクターについて解説しました。

フィルター式のミストコレクターは、最も一般的な方式で、ファンによって吸い込まれたオイルミストの油分をフィルターを通して、ろ過する方式です。

また、構造がシンプルで安全性が高く、現場で管理しやすいのもポイントです。

一方で、フィルターを交換する際に、交換後のフィルターが産業廃棄物のゴミになってしまうことを覚えておきましょう。

本記事を読み、フィルター式のミストコレクターについて理解が深まったのではないでしょうか。

ぜひミストコレクターの導入を検討し、従業員の健康を守るため、工場環境の改善に取り組んでみてください。

赤松電機製作所では、ミストコレクターを導入するにあたり、「実際に導入することで、どのくらいキレイになるのか知りたい」「ホームページを見ただけでは良さが実感できない」という担当の方に向けて、デモ機の貸出を行っております。

デモ機のメリットとして、どれくらいの性能なのか、どれくらい音がするのか、その他サイズ感などを実際に現場で、デモ体験をしていただけることが挙げられます。

また、ご不安な点・ご不明な点があれば、申込み前にお気軽にお尋ねください。

気になられた担当の方は、以下のページをご参照の上、お申込みください。

>>ミストコレクターのデモ機をレンタルしてみる